鬱型ひきこもり~暗苦からの脱出経路~

鬱症状に悩まされ、青春時代の全てをひきこもり生活に費やした30代男性の記録。自殺を図るまでに苦しんだ10代から、社会人として復活を遂げるまでのエピソードを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不登校

気持ちの通じ合わない同級生の存在は、ストレスにしかならなかった。


面白い事は何一つ無かった。


体育系の部活動をしていたけど、気持ちのまとまらない弱小チーム。

イライラしてしょうがなかった。


勉強ができたところで、気持ち悪い社会的価値観で評価されるだけだ。

三平方の定理を理解したら、人生豊かになるんですか?



ならねぇだろ




唯一つ意味を感じていたのは、好きな女性の存在だった。

その人と付き合う事ができたら、このクソつまらない人生も一変するだろうと思っていた。

思い詰めた末、思い切って告白した。



けど....


まぁそんなもんだ。



学校に行く意味は何一つ無くなった。

家に居るのも苦痛だったけど、ストレスの塊でしかない場所に行くよりはマシだ。



学校という場所は、社会の縮図だと思う。

会社に入った後、学校と同じ質の気持ち悪さやストレスを感じた。

つまり、今現在不登校になっている君が、「漠然とした気持ち悪さ」「違和感」「閉塞感」を持っているのだとしたら、それは社会そのものから発せられていると言える。



口先だけの「自由」「自主性」よりも先に‘強制’が立っている。

その世界を受け入れて苦しみもがきながら生きるのも1つの道。

本物の「自由」を求めて、社会と付かず離れずで生きるのもまた別の道。



学校へ行かず、酷いストレス症状に苦しみながら、そんな事を考えていた。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2012/05/06 20:41 ] 苦しみの日々 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

D.O.R

Author:D.O.R
10代はずっとひきこもり生活。

青春時代なんて無かった。

鬱症状も出始めた。

家族の支えで徐々に回復。

時間はかかったけれど、20代半ばで就職。

鬱症状も回復し、やっと「人生やっていこう」と思えるようになった。

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。